温水浴について


 甲羅の高さの半分ぐらいの高さで、水温35〜40℃のお湯に20分ぐらいつけておきます。これは、日頃の食生活では十分に補給できない水分を補ったり、おなかを暖めて消化をうながしたりする役目があります。幼体ではなるべく毎日、その後週2回、そして大きくなっても週1回は温水浴させてあげましょうと書いてある本が多いです。しかし実際は、全く温水浴させていない人もいるようです。めっちゃんは、今のところ週1回温水浴させています。やっぱり温水浴中に、かなりの糞を出してくれるので、温水浴は有意義に役立っていると思われます。でも、普段もちゃんと糞はしてくれてはいますけどね。普段、糞をあまりしない便秘気味の個体の場合は、温水浴は絶対やらなければならないと思います。

温水浴中の、ケヅメリクガメとゾウガメです。途中で糞を出したら、お湯を換えてあげます。換えないでいると、やがて糞がふやけて、またカメが動き回りもして、糞が水全体に溶け込んでしまうのです。そんなお湯につかっていたら、不潔で温水浴が逆に害になってしまいますよね。さらにこのお湯を飲んでしまったら最悪ですね。そんなわけで温水浴中に糞を出すのが3回ぐらい、そのたびに新しいお湯にしてあげてます。温水浴が終わったら、体を良く拭いてあげて、水気を取ってあげます。湯冷めをしたら大変ですからね。

最後に

 めっちゃんのようなリクガメ飼育初心者が、飼育講座とは大それたものだと、お思いの方も多いかもしれませんね。しかし、これからも思いついたこと、失敗談など、性懲りも無く載せていきます。めっちゃん自身のリクガメ飼育記録であると同時に、同じようなリクガメ飼育初心者の参考になればと思っています。ご意見、お問い合わせ等ありましたら、メールや掲示板でご連絡下さい。