東京タワー水族館             資料館入り口に戻る    ホームページに戻る

 今回は、東京タワー水族館について書かせていただきます。めっちゃんは東京に住んでいるのですけど、大型魚を飼育してお魚に興味を持つようになるまでは、実は東京タワーへは小さい頃に1回行ったきりでした。たしか幼稚園の遠足で、そのときは水族館へは足を運ばなかったと思います。めっちゃんばかりではなく、東京に住んでいるのだけれども、東京タワーへは行ったことがないという人は、とても多いのではないでしょうか。道に迷ったときなど東京タワーを方角の目印にすることは多いですけど、一般の人はそんな簡単に中に入れるとは思っていない人もいるかもしれません。やっぱり娯楽施設というよりも電波塔っていうイメージが強いのですね。JR浜松町駅とJR新橋駅の中間ぐらいにあって、駅からかなり歩かなければならないのも、行く人が少ない原因になっているかもしれませんね。
 しかし、東京タワーの中ってけっこう広くて、レストラン街やお店、博物館やレジャー施設などがあって、遊びに行くにも面白いところなんですよ。駐車場もありますので、車で行けば楽ですしね。
 何といっても見ものは、水族館でしょう。実際にめっちゃんが水族館を見て回った感想は、淡水大型魚ファンには、たまらなく感動的な水族館だということです。飼ってみたい大型魚たちが、家庭で飼ったときの一回り上のサイズで悠々と泳いでいるからです。熱帯魚を買えるようになっているところもいいですね。ここで売っている熱帯魚は、珍しい大型魚の稚魚など、掘り出し物がいっぱいあるのもうれしいです。それでは、東京タワー水族館で泳いでいたお魚たちの写真をとってきましたので、ご紹介することにしましょう。


 この水族館は、水槽が大きいとかアトラクションがすごいとかっていうことは全然ないんですけど、熱帯魚を飼っている人には、本当に魅力のある水族館ですね。

 右の写真はシルバーアロワナたちです。けっして大きいわけではないんですけど、やっぱり水族館の綺麗な水の中で泳ぐシルバーアロワナは、生き生きとしていますね。

 この水族館、魅力はいろいろありますけど、その1つが群泳のすばらしさですね。下の写真のような、気の荒いフラミンゴシクリッドや、テトラカンサスの群泳は、魚の性質を知っている人であれば、信じられないような光景であることはおわかりですよね。本当にみごとです。


 そして、オスフロたちです。やっぱりオスフロは、大きくなってもかわいらしいですね。できたら、こんなふうに仲間たち数匹ずつで飼ってあげたいですね。

 右の写真はゴールデンオスフロ。これだけ大きくなると、迫力満点ですよね。

 下の写真の1番大きなグラミィは50cmぐらいでした。右下の写真の、手前の2匹が、めっちゃんが飼っているやつと同じくらいの大きさですね。

 レッドフィンオスフロやエクソドンなども、いることもあります。この水族館は、オスフロファンにとっても、とても楽しめる水族館だと思います。ぜひ、みなさんも、オスフロとにらめっこしに行ってきませんか。

 そして最後は、
存在感のありすぎる、
ジャウーの写真を
載せましょう。

 相変わらず、
がま口ですね。
  (笑)、、、

 東京タワーに行かれましたら、ぜひぜひ特別展望台にものぼってみてくださいね。333mの東京タワーの特別展望台は250mで、ランドマークタワーやサンシャイン60の展望台と比べて、けっして高いわけではないのです。
 しかし、特別展望台へと向かう塔の上の方のエレベーターは、鉄筋で支えられているだけで、四方が見渡せて、それで上の方に行くに連れて、だんだんに細くなっていくのがもろにわかるので、とてもスリルがあります。高層ビルの展望台とは一味違う、お勧めの展望台ですね。
 東京タワーは、普段は遠くから見るだけの人が多いのでしょうけど、あの頂上近くのとんがったところまで登る恐怖体験? まだ味わっったことのない人は、1度味わってくださいね。
P8111116.jpg (28798 バイト)