フィルターの目詰まり

 熱帯魚飼育をはじめて、まだ1年たっていないので、今のところ水槽のライトやエアポンプ、ヒーター類に故障は出ていません。フィルターの掃除はわりといい加減で、たまにマットを換えるぐらいですが、うまく機能しているようでした。たまに、水の透明度が落ちて、魚が苦しそうに口をパクパクさせて、食欲も無くなっている水槽が出てくるのですが、調べてみるとフィルターのコンセントが抜けているということが、何回かありました。

 そんなある日、また水が濁ってきて魚が元気なさそうな水槽が出てきたので、またコンセントを見たのですが今度は抜けていません。とっさには何が起こっているか判断がつかなかったのですが、フィルターの排出口から水がぽたぽたとしか出てこないことに気づき、フィルターが目詰まりを起こしているのだと検討がつきました。そこで上部ろ過漕を開けてみたのですが、ポンプ側からすでに水がきていないことがわかりました。モーターが壊れたのか?ととっさに思いましたが、実はそうではなく、吸水側のパイプや水を吸い上げるプロペラの部分にゴミがたまって、水が流れなくなっていたのです。洗浄すると、勢いよく水が流れるようになりました。

 めっちゃんはてっきり、フィルターが詰まるのはろ過漕の方かと思っていたので意外でしたが、その後は、1番詰まりやすいのはパイプの部分だとわかり、日頃から排出口から水が勢いよくでているかに注意し、適度な間隔でパイプを掃除するようにしています。

 

目次へ 戻る 進む ホームへ メール