水槽のコケ対策

 水槽の立ち上げもうまくいくと、その後しばらくは、澄んだきれいな水が保たれて、魚の調子も良い状態が続きます。ところが、どうしても水が緑色になるか、水槽の内面にコケがべったりとついて見苦しくなる水槽がでてきてしまいます。水槽ろ過の最終段階で発生する硝酸塩やリン酸塩を栄養源にするコケが大量に繁殖してきたせいです。コケが発生しやすいのは、餌を大量に食べる大型魚の水槽です。餌の残りカスや魚の排泄物が代謝されて、硝酸塩やリン酸塩が蓄積しやすいからでしょう。コケが発生するのは生物ろ過がうまくいっている証拠だという考え方もできますが、緑色の何が入っているかわからない水槽を見ていても楽しいわけはないし、魚の調子とかもわからなくなってしまいます。大型魚にはやはり大きく育ってほしいので餌をどうしても余り気味にあげたいので、コケの発生は避けて通れないものです。コケ対策としては、一般的に、

   @コケ取り用の薬品を使う
   Aコケ取り用に生物を入れる
   B蛍光灯をつける時間を少なくする
   C水換えをする

があります。まず@の薬品ですが、市販の薬品はコケの発生を抑制する予防的なものが大部分のようです。すでに大量にコケが発生してしまった後のためにも、アオコ取りの薬品がありますが、これは思ったよりあまり効き目が少ないばかりでなく、あくまでもその時点で発生しているコケを一時的に沈殿させるだけのものなので、コケが発生しやすくなっている水槽の性質自体を変えるものではないため、しばらくするとまた元の緑色の水にもどってしまうことを頭に入れておかなくてはなりません。逆にこれを使った後、多少なりとも魚の様子がかわり、コケが沈殿して砂が汚れるなどのデメリットの方が目立つので、あまりお勧めできないような気がします。

 次にAのプレコなどの生物を入れる方法ですが、何かにへばりついたコケを少なからず食べてくれる魚はいると思いますが、緑色の水をきれいにしてくれる魚は、めっちゃんは知りません。Aの方法は大量のコケには無意味のように思えます。

 Bの光を抑える方法ですが、水槽に人為的な手を加えることをしないため、危険性が少ないように思え、めっちゃんはこの方法が一番気に入っています。魚には悪いと思いながらも一昼夜電気を消しておくと、だいぶ水が透明になってくるので、大量にコケが発生してしまった場合には、まずは電気を消したりして、少しずつ水を透明にもどしながら、コケが発生しにくい環境に持っていく対策を練るようにしています。

 最後に、Cの水換えについてです。コケが大量に発生してしまった後では、水を換えるのが手っ取り早いようにも思えますが、水はいっぺんには大量に換えられないので、1回の水換えでは多少透明度が増す程度にとどまるだけなのはしょうがないことです。結局めっちゃんの場合、水換えを5〜6回繰り返すうちに透明になっていくか、あるいは緑色のままうまくいかないかの、どちらかになっています。新しい水のPHに気をくばるのがコツなのかもしれません。どこかで読んで記憶はさだかではないのですが、水がアルカリ側に変動するのもコケ発生の原因になるから新しい水は弱酸性にするのがコケ防止には良いと書いてあったような。確かに、水のPHが変わると、アンモニアの量も変わり、バクテリアの働きにも影響が出たりしそうです。それをうまく利用してコケの発生しにくい環境に持っていけそうな気もしますが、めっちゃんには、そこら辺のしくみがよくわかってないので無理です。逆にPHが変わることで生物ろ過がうまく働かなくなったりするのも心配です。将来は、水を自由にあやつれる水質のセミプロになってみたいなあ、なんて思ってはいますが。

 

目次へ 戻る 進む ホームへ メール