水槽が割れた

 ある日、朝起きて、いつものように餌をやろうと思って水槽部屋へ入ると、床が水びたしになっていました。見てみると、4段に積んだ60cm水槽の上から2段目の水槽の前面のガラスにかなり大きなヒビが入り、水が1/4ぐらいしか入っていないではないですか。中のオスフロとレッドベリィーオスカーはなんとか無事でしたが、その下の段の水槽に水が入ったらしく、3段目の水槽の水があふれていて、そこに入っているマラウィシクリッドたちが、みんな物陰に隠れてしまっていて、事態にびっくりしているようでした。

 とりあえず今回は、魚はみんな無事で、大事にならずに済みましたが、こういうこともあるんだと、今後、注意しなくてはならないなあと思いました。

 何が原因だったのか後で考えてみると、確実なことはいえないのですが、たぶん水槽が水平に置かれていないために不自然な力が前面のガラスにかかったためではないかと思われます。めっちゃんの水槽部屋には、たくさんの水槽が積んで置かれてあるのですが、正直なところ、床が少し傾いてしまっているのではないかと思われるものもあるのです(大家さん、ごめんなさい)。部屋に重いものを置いた場合、部屋の隅の柱のあるあたりの床は丈夫で、部屋の中央に向かうほど弱くなるため、部屋の中央側が下がるように傾くようです。ちなみに、1階の場合、部屋の床が抜けるようなことは、まずないそうです。

 床を補強しないで重い水槽を置く場合には、はじめから床が傾くことを計算に入れて、部屋の中央側が高くなるように足を調節するのが良いようです。できれば水槽をセットする前に1度、仮に水槽に水だけを入れてセット後とほぼ同じ重さになるようにして、水面を見ることで床の傾き具合を読みとり、セット後に水平になるように、台の足などを調節してから、今度は本当のセットにとりかかるのがより正確でしょう。

 水槽が割れた原因として、普段はおとなしくしているオスカーやオスフロが、見ていないすきに、とんでもない強さで水槽に体当たりした可能性もあると、最後に言っておきましょう。

 

目次へ 戻る 進む ホームへ メール