水合わせでの悲劇

 大事に育てていたダトニオ、カンボジアタイガー3匹、プラスワン1匹、フォーバー1匹をいっぺんに死なせてしまいました。違う水槽へ移動するときのことです。いろいろな失敗を経験していたので、特に慎重に大きい袋を用意して水槽の中に浮かせて少しずつ水合わせをしていきました。そしてそろそろ水槽に魚を入れようか迷って時計を見たら夜中の2時を回っていました。この際、朝になってから移そうと思ったのが失敗。朝になったら袋の中でみんな死んでいました。おそらくダトニオは、特に酸欠に弱い魚なので、袋の中の酸素不足の状態に耐えられなくて参ってしまったのだと思います。昨日まで元気に泳いでいた姿を思い浮かべると、悲しくてしかたありませが、死んだものは元にもどりません。魚を5匹も殺してしまった事にとても罪の意識を感じました。魚にとっての水は人間の空気と同なので、苦しくならないように細心の注意を払ってあげて、もう2度と同じ失敗は繰り返さないようにしようと思いました。

 

目次へ 戻る 進む ホームへ メール