熱帯魚を飼育しはじめたきっかけ

 壁に絵を飾ったりするのと同じような感覚でインテリアとして熱帯魚水槽を部屋に置こうと思ってお店に行ったのが始まりです。熱帯魚のことなんかほとんど知らなかったのですが、ネオンテトラとかグッピーを水槽に泳がせておくときれいだろうなあなんて軽く考えてお店に行きました。

 そして、どうせ飼うならあまりありふれてない方がいいなあなんて思って、実際に買ってきたのは、イエローピーコック、べネスタス、ゴールデンゼブラ、ヨハニー等のアフリカンシクリッドでした。(このとき、ネオンテトラにしていたら、めっちゃんはそれほど熱帯魚マニアにはなっていなかっただろうなあ。。。)

 魚達を眺めてるうちに結構1匹、1匹性格が違うのがわかってきたり、エサの時間だとわかると近寄ってきたりと、だんだんに愛着がわいてきました。アフリカンシクリッドは気が荒く、けんかを売る奴や、いじめられてしょげてる奴などがいて、水槽から目を放すと心配になったりします。1〜2週間もすると大きさが変わってきて、こいつずいぶん背が伸びたなあなんて思ったりしました。

 調べるうちに、成長すると全長30cm以上になる奴がいるとか、寿命は思ったより長いこと等、いろんなことがわかってきました。種類によって習性が違っていることがわかると、いろんな種類の熱帯魚を飼ってみたくなりました。そして魚がだんだんに増えていったわけです。現在主に飼っているのは、アフリカンシクリッドと、成長すると大型になる種類の魚達です。

 熱帯魚飼育の魅力は、自宅にいながらにしてアマゾンの奥地やアフリカの湖など、世界じゅうを旅している気分を味わえるところです。熱帯魚飼育は手入れが結構大変なので、ともすると投げやりになってしまうところがあります。そんな自分を戒めるため、飼育情況を記録していこうと思い、ホームページをつくることにしました。

目次へ 進む ホームへ メール