2004年7月23日 社会、表と裏                  戻る


めっちゃんの掲示板に、次のような書き込みがありました。
集団ストーカー                From : an_idle

始めまして、an_idleです。

今ネット上で、話題になっている集団ストーカーの情報を
私のHPに記載しました。
http://www.geocities.jp/an_idle/index.html

その被害に遭わない為にも、是非一度御覧になって下さい。

 みなさんは、集団ストーカーっていう言葉を聞いたことはありますか。みんなで寄って鷹って、いじの悪いことをするのですが、その手口というのが陰険で、証拠が残らないようにするために、直接手出しをせずに、精神的に追いつめるような手段を取るのです。人間としては、最低のやり方ですね。

 企業は今みんな苦しくて、無能な人材はなるべく切りたいでしょうし、たとえ有能な人材であっても企業のためにならない人材は置いておきたくないはずです。ちょっと前までは『肩たたき』なんていうのがありましたね。今度は俺の番かなあなんて、みんなびくびくしていたものです。やめさせられたらショックですけど、直接理由を言われれば、会社だって苦しいんだからしょうがないんだなあって納得もできます。しかしその後、『ほのめかし』なんていうのが出てきました。やめてほしいって口に出して言いにくいから、その旨察して穏便にやめてってくれよなんて感じです。一見、やわらかいやり方に見えますけど、この辺が集団ストーカーへ発展していくきっかけになったのではないでしょうかね。部下たちに頼んで、やめさせたいターゲットを精神的に追い詰めて、落としいれるように持って行くなんていう風に発展したら、それは陰湿きわまりないですよね。だったらその陰湿きわまりないことを専門業者に頼んでしまえば、証拠も残りますまい。そうです、リストラーカーなんていうのが、あちこちで行われているみたいなのですよ。

 この不景気、儲かりそうな仕事なら何でもでてきます。私立探偵ってご存知ですよね。ちょっと人に言えないようなことを調査してもらったりするやつです。こんな混沌とした時代には探偵稼業が繁栄するのですよ。今の私立探偵業の中には、うわき調査や会社のちょっとした調査を受け負うにとどまらず、アリバイ工作、リストラ工作、別れさせ工作、そして復讐を代行するようなものなど、普通に考えたら人道からは逸脱するようなことも平気でやるところも増えてきているのですよ。そして企業がある人物をやめさせたいなんていうときに、頼んだりするわけです。例えば、御用聞きみたいな形で工作員を派遣させて、『そう言えばちょっと小耳にはさんだんですけど、おたくの部長と課長、さっきトイレで○○君なかなかやめないななんて話してましたよ、失礼だとは思ったんですけど、お耳に入れておいた方がいいと思いまして』なんて言ってもらうだけで、○○君の精神的打撃はそうとうだと思うんです。これで1万円だったら、みなさんもやってみたくなるでしょう。

 この工作員って、普通の人の方が向いているのです。葉巻なんかくわえて、いかにも探偵社から来ましたーなんていうのダメです。でっ、今は職にあぶれたごくごく普通の人っていうのが、巷にあふれかえっているのですよ。みんな工作員向きです。若いのにフリーターの人、旦那の給料に不満な昼間は暇している主婦の人、バツイチで子供かかえて苦しくて仕事なら何でもって苦し紛れの人、そんな人たちが、『企業の動向に携わる新しい仕事です!! 高収入!!』なんて広告見たら、飛びつくかもしれませんね。でも、こんな仕事、人に胸を張って言えますか。「お仕事何なさってるの?」う〜ん、各種の裏工作をね。こんな人たち増えると、探偵業の格が下がるどころか、おかしな社会になってしまいそうですね。アルバイトで裏の仕事もやってるんだあとか、本職は裏の仕事よなんて人ばかりになったら、もはや日本に太陽は昇らないかもです。何と言ってもめっちゃん、人道からはずれたことはやってはいけないと思うのですよ。これからちょっと流行りそうなこの工作員って仕事、みなさんは、こんな仕事には手を出さないようにしましょうね。

 社会には必ず表と裏があります。人間の心にだって、必ずや表と裏があるのと同じように、社会にだって華やかな表に出た部分があれば、裏のじめじめした部分だってあるのです。政界、経済界などがあれば、暴力団などヤクザな組織だってあって、持ちつ持たれつ、うまくバランスが取れていると思うのです。裏社会をけっして否定してはいけないと思います。でもめっちゃんが言いたいのは、みんなこぞって裏社会に魅力を感じて裏街道に進むなと、声を大にして言いたいのです。人間、悪いことの方に魅力を感じることが多いものです。でもみんなが裏に走ったら、それこそ社会が崩れてしまいませんでしょうか。

 話を元に戻します。めっちゃんの掲示板に宣伝を書き込んだan_idleという人についてですけど、この人はまさに、集団ストーカーに遭遇しているつらさを主にOTDのレンタル掲示板に宣伝を繰り返しているようで、めっちゃんの掲示板に書き込まれたのも実は1度ではないのです。卑劣なリストラに同情の気持ちも出てきて、ホームページを詳しく見てみたんですけど、この人の場合はちょっと違っていたようですね。リストラーカーに実際に合っている人と、合ってるんじゃないかと不安に思う人、そして実は頭がおかしくなってる人は、みんな紙一重なんだなあなんて思ってしまいました。統合失調症といって、以前は精神分裂病って言われていた病気があります。この病気は神経の伝達物質であるドーパミンが、異常に分泌されるがために幻覚や幻聴をきたしたりする病気です。ドーパミンも合理的に働けば、天才的な芸術作品なんてできるんでしょうけど、通常は思考回路が混線をきたして危ないことになるようです。この病気は、うつ病なんかとは全く別物で、ストレスが高じてかかったりするものではありません。この病気を発症した人の場合、全く事実がないのに「集ストに合ってる、助けてくれ!!」なんていうことがありそうなので、本当の集ストと区別が難しいですね。

 このan_idleという人に関しても集団ストーカーかどうかははっきりしませんが、やはり実際に行われている集団ストーカーなどの裏工作はいけませんな。人間は言葉でコミュニケーションをとることができる、すばらしい生物です。誰かに何かしてほしかったら、直接、言葉でお願いするのが基本ですよね。この不景気で苦しくなった企業の経営陣は、以前のように社員にのんびりと働かすことはせずに、事細かに指図して、なんとか乗り切ろうとします。そしてその命令っていうのが、非人道的なこともありえるのです。そして社員の側はどうでしょう。景気がいい社会情勢だったら、非人道的なことをやらせる会社なんて真っ先にやめるような人でさえ、「ここをやめると他はない。なんとか家族のために頑張らないと。仕事は仕事だ、割り切ろう。」なんて感じで、思わしくない仕事だって引き受けたりしがちなんです。そして人は組織に所属していると、悪いことでさえ気づかなくなってしまう恐い面があるのです。オウ○真理教なんかいい例です。あんな頭がいい人が、なんて言われることありますけど、学業優秀な人ほど、上からの指示に従順で、実は自分の頭では物事を考えられなくなっているなんていう人がたくさんいるような気もするのですよ。っていうか自分の頭で物事を考えられる人ってほんの1%ぐらいで、残りの人たちは周囲に容易に同調してしまう、人間ってそんな生き物だとめっちゃんは思っているのです。あとは人はちょっとひっかかるようなことに携わっても、都合よく解釈して正当化してしまうようなところもありますし、さらに他の人にも同じようなことをやらせて安心するなんていう面があるから恐いのです。従業員の入れ替わりが少なく、会社の内情が公からわかりにくい環境って危なっかしいですね。そんな環境のもとで経営陣が悪いことを仕組んだりしたら、会社の内部は実はとんでもないことになっているなんてこともありえそうです。国はリストラ救援対策ばかりでなく、必要とあれば営業内容や労働が適切かどうかを監査できるような体制を充実してほしいですな。そして人、ひとりひとりが、正しい仕事をするよう心がけるべきでしょう。なんだかんだ言って、早くこの不景気、回復してほしいですね^^