2004年7月15日 めっちゃんの生い立ち            戻る

 今回は、めっちゃんの生い立ちについて書いておこうと思います。めっちゃん、普段はあまり生い立ちとか、自分のこと、しゃべるの好きではないのですけど、1度まとめて書いておきたいなあなんて気持ちもあったのです。めっちゃんのホームページを見ていると、何かここの管理人、変わってるなって思われる方も多いと思うのですよ。生い立ちとか知ってもらうと、少しは理解していただけるかなと。人に何か打ち明けるのって、精神が浄化されたりもするのですよね。まっ、ちょっと恥ずかしいですけどね。そんなこと興味ないと思ったら今回のお話はぜんぜん為になるお話ではないので、とばしてもらってけっこうっす^^ 

 めっちゃんはですね、小さい頃、お父さんとお母さんの仲が非常に悪かった。お父さんは家が居心地が悪いのか、なかなか家に帰ってこなかったし、お母さんはというと、やはり外に出ていることが多くて、だいたいめっちゃんは1人家に残されていました。それだけならいいんですけど、お母さんが家に戻ってきたときには、すごい怒ってばかりで、めっちゃん、あざができたり頭にコブができたりしてました。ただ、めっちゃんの場合は、幼児虐待の目に合ったというほどではなく、厳しいしつけがエスカレートしたぐらいのレベルでしょう。今でもしつけをしてくれたことには感謝してますから。でも夫婦仲が悪いしわ寄せが、めっちゃんに向かっていたことは確かです。そして、親に殴られていためっちゃんのその矛先は、幼稚園や学校のお友達に向かっていたのです。めっちゃん、クラスじゅうのお友達をやっつけて泣かせないと気がすまなかったのです。親に殴られた腹いせにやったわけではないと思います。そんなこと考えてないですよ、無邪気ですからね、子供は。あまり意識もしないで、親にやられていたのと同じことをお友達にしていたんですね。今考えると、こういうのって動物的って言うんでしょうね。

 こんな境遇のめっちゃんですけど、とにかく親が家にいないことが多く、普段は子供に無頓着で干渉しないので、自由奔放にワイルドっぽく育つことができたのは、運がいいと言えましょう。さすがに小学校も中学年・高学年になると、それほど親から殴られなくなりますし、お友達をいじめるのはかわいそうなことなんだと悟るようになります。この頃のめっちゃん、学校をさぼりがちになるのです。めっちゃんの場合、登校拒否とか起こしていたのではなくて、1〜2時間目だけ授業に出て、3時間目からどこか町に遊びに行ってしまうなんて感じだったんです。電車に乗って後楽園なんかに行ったりしてましたね。よく補導されませんでしたね。万引きなんかしたときにはさすがに捕まりましたけどね。それでまずかったのは、めっちゃん1人で行くのではなくて、お友達も連れて行くことでしょうね。万引きもいっしょにやろうよなんて誘ってたんです。「うちの子と遊ばないでください」なんて、お友達のお母さんに、なぜか敬語で言われてました。よく先生に、お母さんに見せてねって手紙をもらったんですけど、当然みんな捨ててました^^ 親知らずです^^

 そんなめっちゃんの将来生きていく道が、おそらく変わったのは、中学3年生の1番最初の学力テストの結果ですね。テストが終わって結果が戻ってくる頃、なぜか全然知らない先生から「勉強好きになったか」なんて、明るい兆しーって感じの笑顔で話かけられたんです。今まで学校の先生にニコーッとなんかされたことないので、あの顔は忘れられません。そうです、テストの結果発表!! なんと学年で2番だったんです。本当にびっくりしました。宝くじがあたったような気分でしょうかね。中学2年生までは事件を起こしたりしていて、めっちゃんのことを悪党だと思っていた同級生も多いはずです。そうでなくても、めっちゃんは普通のバカっていう乗りでしたからね。ぬっ!! 何もしなくても学年2番、その後ゆっくりと睡眠をとって頭をさえさせれば気軽に学年1番になれることがわかったのです。そしてさらにわかったことは、95点の人が大勢いて、めっちゃんだけが100点を取ったときなど、勉強した人は決まって間違え方が同じ傾向にあって、同じところでつっかかる。それに対して、その場でじっくり考えるめっちゃんの方が抜け目なく、1枚上手だったりするのだと。

 めっちゃんはその頃から自分のことを天才だと思うようになってしまいました。もう努力する気なんてさらさらなくなりました。高校生めっちゃんはどん底の成績。でもどん底からでも這い上がれることに気づいて、またまた努力する気がなくなるのです。めっちゃんよく学校休んでましたけど、休むときは机を隠してもらってましたね。だいたい先生は出席とるとき空いた机を探してとりますから、空いた机がなければ休んでる人、いなさそうなのです^^ この作戦でけっこう実際よりも欠席日数は少なくてすんでたなあ^^ あとは落第にはならないように計算しながらテストも作戦的によく休んだなあ^^ そんな悪党めっちゃんは、よく先生に呼び出されてましたけど、先生はめっちゃん自身のことを怒るのではなくて、「あなたが何かやるとみんな真似するからやめてください」っていう怒り方だったですね。めっちゃんひょっとしたら天才なのかもしれないけど、それよりも、めっちゃんの1番の特徴は、無意識のうちに自分の居心地のいい場所を探したり、有利に立ち回ったりする猫のような性質があるのだと自己分析しました。例えばめっちゃんも含めて数人で1つの部屋にいるとき、自然にめっちゃんが1番暖かい日だまりにいたり、清々しいそよ風が吹いてきて気持ちのいいところにいたりするのですよ。そして他の人が後からそれに気づいてめっちゃんをどかしてそこを陣取ろうとするなんて、そんな感じのことが多いんです。

 めっちゃん、学校の成績は悪いけれども、いざ試験となるといい成績取れそうだし、学問に対しての憧れもあったので、大学めざして受験勉強することにしました。すると、入るは入る、す〜っと頭の中にどんどん入っていくのです。この辺が普段頭をからっぽにしている者の取り柄なんでしょうね。容量ばっちりです。だいたい英単語なんかは1日に50語ぐらいずつ覚えましたね。全部で5千語ぐらいは覚えたかな。(ここでちょっと注意しておきましょう。めっちゃんのようにワイルドっぽく生きてみようと思ってる諸君、真似するのはやめましょう。真似した人はみんな人生狂ってます。大学なんかは当然行けなくなりますよ。若くして家を出て狼に育てられためっちゃんの仲間のような狼少女ちゃんたちは、その後人間社会に復帰しても、どう頑張って覚えさせても、生涯に渡って10語とか20語覚えるのがやっとだったんです。これじゃあ英単語覚えられないどころか、コミュニケーションだってとりにくいですよね。おそらく「2」って書いたカードを見せて、これ何って言っても、「ぬっ」、汗をかきながら「ぬぃぅ」「にゅぃ」「ぬぃーっ」って発声するでしょうし、「2+2=」って言っても「(・・;)、、、ぬぃにぅぃー、、、(><;)ウェーン、、、(@@)がるるるーっ」って吠えるでしょう。皆さんもそうなりたいですか?)

 そんなこんなでめっちゃんも晴れて花の大学生になります^^ ところが、そこでめっちゃんは熾烈ないじめに合うことになるのです。そこでめっちゃんの人生観がまた変わるのですよ。めっちゃんは、大学の中では非常に浮いた存在だったと思います。そしてめっちゃんのまわりの同級生たちはみんな同じような雰囲気の人たちが集まっていました。浮いためっちゃんは攻撃されたり、バカにされたり、あるいは頭がおかしいんだというレッテルを貼られたり。小中学生がよくやるようないじめが、まさにめっちゃん対象に大学内でおこってしまったなあと思いました。今まで地道に勉強してきた人たちにとっては、めっちゃんみたいな存在は得体が知れないどころか、排除したいものにも写ったようです。そして、小中学生のときにいじめたりいじめられたりっていう経験をして苦い想い出がある人であればけっしてやらないようないじめを、めっちゃんの同級生は大学に入ってからやったのだと思いました。(ここでこれを見ている皆さんに主張したいのは、テスト前に勉強したくてもどうしてもつらくてできない人もいるということです。自分の動物的な勘を頼りに生きているめっちゃん(@@)にとって、テストの前の日にいきなり人の考えを押し付けて詰め込まされるのって、最高の苦痛なんです。きっと無理に言葉を覚えさせられる狼少女ちゃんたちと同じ心境でしょう。もちろん、めっちゃん高校までの間に、テスト前に勉強を全くやらなかったかっていうとそんなことはないです。まあそこそこには。でもとにかくめっちゃんの大学時代の同級生たちみたいに、テスト前に机に向かって立てこもったりなんていうのは、めっちゃんには出来ない相談ですね。それで、こんな人もいるんだなんて放っておくこともできない人たちにいじめられたってわけですよ。)

 めっちゃんが大学に入ったときに、いきなり新入生紹介で書かれたことが、「裏街道を歩いてきた人」だって。めっちゃん、何にも悪いことしてないんですよ。それどころか、めっちゃんまだ何にも自分のこと言わないうちから、ただただ、めっちゃんのことを見て、しゃくにさわった人が、どこかで聞いてきた話を元に先回りして紹介文に書いたみたいなんです。ちょっと教えてくれた親切な人もいました。ここは、屈折していて根に持つ人ばかりだから、気をつけた方がいいって。しかし、その後もひどかったですねえ。「あなた勉強なんか向いてないんじゃない」とか、今までのめっちゃんのお友達とかから考えたら、信じられないような人たちばっかりでした。めっちゃんはめっちゃんで逆に、いじめられながらも、特にめっちゃんのことをいじめた人間のことを、心が空っぽで、頭が悪いくせに無理に勉強してきたなさけない人間だなあなんて思ってましたょ。めっちゃんの行った大学は2流大学なんです。でもとりあえずめっちゃんの近くには根っからの遊び人とか楽しい感じの人とかはいなくて、自分は遊びの方もすごいんだぞって無理に見せつけてる感じの人ばかり寄ってきて悲しかったですね。はっきり言って1流大学をめざして勉強ばかりしてきたのだけれども、何かが欠けてて入れなくて流れ込んできた人が多い、そういう雰囲気感じましたね。コラムの第1話にも書きましたけど、こんなところからやっぱりめっちゃんはNo.1嗜好になるわけです。

 まあ、いじめに合うのは、いじめられた方に原因があるなんて言われることもありますよね。めっちゃんは、無意識のうちに偉そうな雰囲気や、物を知り尽くしたような生意気な態度が出ていると思いますよ。実際見てみると、かわいい顔してるし、やさしそうなんですけどねえ。でも、なぜか昔から、優等生とか、言いたいことが言えないような人からはライバル視されたり、いじわるされたことは多かったですね。

 ちょっと話は変わりますけど、いろいろな経験を積んで人は大人になっていくなんてよく言われてますよね。この大人になるとはどういうことなのでしょう。自分の主張は抑えて、周囲にうまく合わせて、よき人間関係を保って社会的にやっていくなんていうことなんでしょうけど、実際のこの社会は、受験戦争を勝ち抜いて、そして出世競争で生き残った上層部の人間ほど、けっこうわがままなままで、ガキの心を出し切って生きている人も多いのではなかろうかと思うにいたったわけですよ。いじめなんかも平気でできそうな人も多そうです。そしてそういった上層部の人間にとっては、その他の大多数の人間が『大人になってくれる』とやりやすいわけですな^^

 めっちゃんをいじめた大学の同級生たち、今頃どうしてるのかな? おそらく依然としてガキの心のままで生きているんだろうけど、でも、どう考えても君たちの器量ではちっぽけなことしかできない気はしますね。大きいことをするとしたら、いきなり犯罪とかやりそうだったり^^ まっ、今は関係ないからいっか^^ でも今後またかかわってきたら、本当に怒ります^^ いじめの心の傷っていうのは消えないのです。もしまためっちゃんの前に現れたら、それは蛇の心ですな。めっちゃんが期待をかけているのは、こんなNo.2、No.3あたりの人ではないのです。こういったたぐいのせこい人は、社会の前面には出てきてほしくないと切に願いはしますけどね。とにかく、社会の本当のNo.1のtopの人は、ぜひぜひこんなせこい人たちではなくて、本当にキャパの広い人であることを望みます。

 めっちゃんは、いじめとか虐待とかっていうおこないは、動物的であり、知性が欠けていると思います。人間、成長の過程で、まだ十分に知性が備わっていない段階で、動物的なおこないをしてしまったりするけれども(もちろんやらないで悟るのが1番ですけど)、最終的にはそれは卑劣だからと悟ってやらなくなるのだと思います。でも人間いろんな人間がいます。心もいろいろだし、脳みそもいろいろで、どこまで成長するかも人それぞれでしょう。社会はどうしてもtopの色に染まりますから、めっちゃんは、いじめや虐待をやりそうな人にtopについてほしくないのです。異質なもの、理解できないものを排除するというのは、まだまだ生物としてはレベルが低いんじゃないかな。イ○ラムを排除してるように見えるブ○シュも、生き物としては、まだまだ青いです^^