めっちゃんの飼育日記
        
2004年7月


                    飼育記録Topへ     ホームへ戻る

7月24日(木) せっかくアリガー3匹迎えたのに、180cm水槽濁り消えず。
 先日、知り合いの方から50cmのアリゲーターガーを3匹譲っていただきました。その方にしてみれば、大きくなってきて、もてあましていたわけで、めっちゃんはめっちゃんでなるべく大きなやつを手にいれたいと思っていましたので、両者の希望が一致したわけです。でもめっちゃんが名乗り出なかったら、おそらく、これからもうまく飼育していたとは思いますけどね。代わりにめっちゃんの方からはフロントーサのブルンディが連れていかれることになりました。めっちゃんのブルンディたちはまだみんな20cm弱でしたから、90cm水槽で十分まかないきれる大きさでした。
 さて、めっちゃんの180cmガーパイク水槽なんですけど、いっこうに水の濁りが取れないのです。まあ、理由はわかってるんですけどね。ストレーナーが毎日1〜2回はずれて、ろ過がストップしているのですよ。忙しいので、なるべくはずれないようにしっかりはめるぐらいのことしかできてないんですけど、早急に何か対策を考えなければなりませんね。
 とりあえず、この水槽の水が綺麗になってきたら、久々にガーパイクの記録でもアップしようと思ってるんですけどね。

 

7月23日(土) トカンチスオスカーの体色に少し変化が。
 小さい頃からずっと真っ黒だったトカンチスイエローオスカーですけど、最近、薄い黄色のストライプが出たり引っ込んだりという状態になってきました。これから少しは期待できそうです^^

 

7月22日(金) ニセナンダスのイボ、直ってきましたよ。
 2日前に書いたニセナンダスのピンク色のイボですけど、どうやらかなり引っ込んできましたよ。まだ少し盛り上がってはいるのですけど、はじめの大きさの1/5ぐらいのレベルです。水換えがよかったのか、塩が効いたのかはわかりませんけど、しばらくは油断できないですね。

 

7月20日(火) 大きなニセナンダスがエロモナス病?
 めっちゃんお気に入りのシャムタイガーの90x60cm水槽には、現在30cm強のシャム5匹と、25cm程度のニセナンダス1匹、そしてプレコがいるんですけど、ニセナンダスの頭部にピンク色の大きなイボができてしまいました。たいへんだあ!! エロモナス蔓延かもしれません。しかし今のところ5匹のシャムは無症状で、いつも通りとても元気なんですけどね。あわてて水換えをやって、けっこう1%近くになるぐらいの大量の塩を入れてしまいました。とりあえずこれで様子を見ることにしました。

 

7月13日(火) カンボジアタイガーが冷凍アジを食べてくれました。
 めっちゃんの120cm水槽には、アロワナ、パーチ類、そしてポリプなどの底物がいます。めっちゃん、最近は人工飼料はほとんどカーニバル、生き餌といったら小赤しか与えてませんでした。忙しいときには、餌の与え方を決めておくと、とても楽なのです。でもこれでは、お魚想いではないですよね。きっと口にはださなくても、みんな他の餌食べたがってるでしょうね。でっ、久しぶりに冷凍アジを買ってきてあげました。めっちゃんのお魚たちの中で、冷凍アジが大好物なのは、レッドテールキャット、カラパリ、アイスポットシクリッドです。ポリプやアロワナも食べてくれます。でも比較的大きい(10cmぐらい)ですから、まだ小さいお魚たちには与えられませんね。今回はこの冷凍アジを与えて、うれしいことが起こったのです。なんと、今まで人工飼料をかたくなにこばみ続けてきたカンボジアタイガーが、なんと冷凍アジをぱくついてくれたのです。これには予想外でした。まだ20cmちょいの大きさのカンボジアタイガーにとっては、大姉金以上の大きさの冷凍アジは、かなり口からはみ出ているのです。しばらく、のどをつまらせないか心配して見ていたんですけど、大丈夫でした。これからはダトニオの餌のメニューに、冷凍アジもつけくわえようと思います。