めっちゃんの飼育日記
        
2003年10月


                    飼育記録Topへ     ホームへ戻る

10月26日(日) 元気のない紅龍。
 紅龍のうろこが1枚はがれてしまいました。赤い魚に1箇所だけ銀色の部分があるわけですから、目だってみっともないです。飛び出そうとしてぶつかったのかもしれません。まあ、綺麗にぽろっと1枚取れた感じなので、再生してくれるとは思いますけどね。前はめっちゃんが近寄ると、餌をもらえるんじゃないかと思って、餌の投入口あたりに近寄ってきていたのに、最近は下のほうでじっとしていることも多いんです。けっして餌を食べないわけではないんですけど、なんとなく以前より元気がなくなったという感じなんです。この120cm水槽、あまり魚たちが喧嘩している様子もなく、トラブルは少ないように思えていたんですけど、めっちゃんが見てないところで何かが起こっているのかもしれませんね。要注意です。それにしても、ブラックアロワナやシルバーアロワナに比べて、アジアは神経質なようですね。120cm水槽じゃ狭いなんて不満をぶちまけているのかもしれませんね。 う〜ん、もう少しで水槽増設するので、もうちょっと我慢しててね、なんて気持ちが伝わってくれるといいんですけどね。

 

10月25日(土) 金魚殺し。やってくれるね、フラワートーマン。
 60x45cm水槽に餌として入れた50匹の小赤が全滅、みんな死んで浮いていました。目撃者はいないんですけど、こんなことするの、この水槽の中ではフラワートーマンしかいないんです。憎たらしいですね。何かの加減で、たまにこんなことが起こって小赤が全部パーになったりするんですよね。食べるときは全部みんな食べてくれるんですけどね。それにしても、この60x45cm水槽のフラワートーマン、大きくなりましたね。30cmはあります。めっちゃんのお魚たち、120cm水槽で飼うよりも、60x45cm水槽で飼った方が成長が早いなんてことよく起こるんです。混泳水槽だと、1番手以外の魚たちは、たとえ大きな水槽であっても、成長が制限されてしまうのかもしれませんね。

 

10月24日(金) 頭部穴あき病。ミミズの効能は?
 j実は、レッドベリーオスカーに、頭部穴あき病の症状が出ていたんです。気がついたのは数週間前なんですけど、放置していました。最近、頭部の穴あきはかなりよくなってきていたんですけど、口が切れたようになってしまいました。これもおそらく頭部穴あき病の1症状ですよね。鞭毛虫が口の方に移動してきたのでしょう。口が変形なんてしてしまったら、なんともみっともないし、治療することにしました。で、買ってきたのがミミズです。釣り具店で餌として売られているやつを買ってきました。そしたら、レッドベリーオスカーに限らず、みんな、よく食べるんです。アロワナなんかもミルワームと同じような勢いで食いつきます。アミアもオスフロもシクリッドも食べます。感心だったのは、生き餌大好きなのにミルワームはかたくなに拒み続けてきたヨーロピアンパーチまでもが、ミミズを口にしたことです。まあ、当初の目的であるオスカーの穴あき病が直ってくれるとよいのですが。

 

10月23日(木) 6バンドナンダスがポップアイ。
 3匹いる6バンドナンダスのうち、1番大きなやつがポップアイになってしまいました。両目ともかなり飛び出ています。この60cmレギュラー水槽に入っている魚は、6バンドナンダス3匹の他、シャムタイガー1匹、そしてニードルガー3匹とブラントノーズガー3匹、さらにプレコ数匹ですから、過密飼育もいいとこで、成長につれて、ろ過が追いつかなくなって水質が悪化するなんていうことは目に見えていたわけです。いよいよという感じです。
 で、ニードルガー3匹とブラントノーズガー3匹を、他の60x45cm水槽に移してしまいました。この6匹のカラシン系のガーたちは、そろそろ飼育スペースのグレードアップを考えていた矢先でもあったのです。
 そうして、ダトニオ4匹が残された60cmレギュラー水槽には、塩をおおざじ10杯ぐらい入れました。すると、次の日には1番大きな6バンドナンダスのポップアイはかなり改善、その次の日にはすっかり直ってしまいました。魚を減らしたのがよかったのか、塩が効いたのか、どちらのせいかはわかりませんけど、とにかくよかったです。

 

10月14日(火) ヨハニーの赤ちゃんまた2匹発見。
 ヨハニーのF1個体混泳水槽の下の方にちょろちょろと動くものを発見、また赤ちゃんが生まれていたのでした。しかし、どうさがしても2匹しか見つかりませんでした。すぐヨハニー稚魚水槽に移してあげて、これでF2個体は10匹になりました。もう少し早く発見できればと思うと悔やまれます。最近忙しくて、なかなかすべての水槽をこまかく観察してあげてないのです。まだまだこれから増やしてみせますよ。めっちゃんのヨハニー、もともとがワイルド個体からはじめたので、精悍な顔つきでかっこいいんですよ、なんて自慢したりして。

 

10月6日(月) オスフログラミィが怪我。
 90x60cm水槽のオスフログラミィの、1番大きい38cmのやつが頭に怪我をしています。たぶん飛び上がって、水槽のサンにぶつけて怪我をしたんだとは思いますけど、ずっとこの水槽の中のボスだと思っていたこのオスフロが、実は人が見ていないときにいじめられている可能性もあるので、しばらく注意深く見守ろうと思います。