めっちゃんの飼育日記
        
2003年8月


                    飼育記録Topへ     ホームへ戻る

8月27日(水) 新しく買ったセネガルス、なんと1週間で★。
 やっぱり衝動買いはだめですね。特に熱帯魚は、いいことではないですね。まあそれでも、普通は衝動買いで、いい個体を見つけてくるんでしょうけどね。でも、今回のめっちゃんの場合は、最近調子悪くて、つきもなくて魚を落とし気味のところで、セネガルスを落としてしまったからと、その日のうちに同じセネガルスを3匹も買ってきていたわけです。
 はっきりいって、こういうときは気持ちが高ぶっていて、あまりうまく判断ができません。新しく購入した3匹は、まだちょっと小さめで、お気に入りだった前のぶくぶく太ったやつよりもずっとスマートです。それなのに前の個体と同じ120cm大型魚混泳水槽に入れたら、何かが起こってもおかしくないですよね。
 案の定、1週間で、1匹があばら骨になってしまったんです。深く反省しております。
←めっちゃんの涙です。

 

8月24日(日) カラープロキロダス死す。チョコレートナンダス消息不明。
 悲しいことは、続くときは続きますね。とはいっても飼育しているめっちゃんが悪いことは確かですから、とても落ち込んでいます。カラープロキロダスの入っている水槽、見た目は水が綺麗で、以前よりもさらに水が透き通ってきていたんですけど、それと同時に、最近黒苔が自然になくなってきていて、おかしいなあとは思っていたんです。たぶん見えないところで水に異変が起こっていたのでしょうね。今日見ると、カラープロキロダスが浮いていました。
 実はもう1匹、目立たないけれども探すと必ず苔に隠れて顔だけ出したりしていた、チョコレートナンダスが見当たらないのです。苔がなくなって隠れるところがなくなって、他の魚にやられてしまったのでしょうか。もう長い間飼育してきた魚だけに、ショックが大きいです。
 やっぱりこの水槽、おかしくなっていますね。ショートノーズクラウンテトラとイエローピンクテールカラシン、そして4匹のクラウンローチは大丈夫なんですけど、4匹のレオパードクテノポマも、なんとなくいつもといる場所が違って、水面に近いところでとどまっています。とりあえず今日は水換えをしたのですが、何か対策を考えなければなりません。
←めっちゃんの涙です。

 

8月22日(金) 1番大きなケツギョ、死す。
 実は1〜2ヶ月前の体長35cmを超えたあたりから、水面近くで斜めになってとどまっていたり、調子の悪そうな状態がずっと続いていたんです。特に他の混泳魚はなんともないので、水質は大丈夫かと思うんですけど、特に本に書いてあるような病気でもなさそうだし、餌はよく食べるので、そのまま様子を見ていたんです。しかしさらにみるみる大きくなっていって、何となくストレスをため込んで死んでいったという感じに思えてしまうんですよね。1代目のときと同じぐらいの大きさで、体に分泌物を出したり、充血したりしながら調子を崩していって、死んでしまったような感じです。かわいそうなことをしました。また挑戦したくなってしまいますけど、今度はもっとよく考えて、うまく飼育してあげられる自信がついてからにしようと思います。水槽飼育では、大きくなってくると調子を崩すのは、やっぱりパーチ系の弱みのような気がします。特にケツギョにその傾向が強いような気がするのです。今度飼う機会があるときには、なんとかそこら辺を克服しなければなりません。
←めっちゃんの涙です。

 

8月21日(木) セネガルス飛び出して死んでしまいました。
 やってしまいました。ポリプは飛び出すことがあるので注意しなくてはならないことはわかっていたんですけど、めっちゃんのポリプたちは今まで大丈夫だったので油断していました。おそらく餌の投入口から飛び出したのでしょう。発見したときにはすでに、水分が切れていて硬くなっていました。実ははじめは、発見された位置から考えて、デルへジーかと思ったんです。しかし、よく水槽を見回ると、2mぐらい離れたところにある水槽の、めっちゃんのお気に入りの太ったセネガルスがいないことがわかったのです。床でかなり動きまわったのでしょう。かわいそうなことをしました。
←めっちゃんの涙です。

 実は、死んだその日に、ワイルドのセネガルスを3匹も買ってきてしまいました。餌を買いに行ったら、たまたま見かけたものですから。でも3匹とも、とてもスマートなんです。これから太らせようと思います。

 

8月20日(水) アイスポットシクリッドの目、かなりよくなってきました。
 白濁したアイスポットシクリッドの目ですけど、かなりよくなってきました。でも、真ん中だけ白いのが残ってるんです。なんか残りそうな気もするし、直りそうな気もします。元気なことは確かですけどね。的確に餌を捕らえるところからして、目はよく見えているようには思えるんですけどね。

 

8月6日(水) アイスポットシクリッドの目が白くなってしまった。
 アイスポットシクリッドと、カラパリ、そして3匹のアルビノオスフロのいる水槽の上部フィルターのストレーナーがはずれて、水が濁ってしまっていました。正直なところ、大型魚を飼っているめっちゃんにとっては、こんなことは日常茶飯事で、何日かに1回は必ずどこかの水槽のポンプがはずされています。しかし、今回は、そのせいでアイスポットシクリッドの目が白濁してしまったのです。両目ともです。せっかくだいじに育ててきたのに。直らなかったら痛いですね。