めっちゃんの飼育日記
        
2003年7月


                    飼育記録Topへ     ホームへ戻る

7月21日(月) お魚の移動、失敗におわる。
 今日は祭日で、お魚を観察している時間があったので、思い切ってお魚を移動してみることにしました。3匹です。まずは紅尾金龍です。体長25cmで、最近うろこも少し金色を帯びてきて、ちょっとは紅尾金龍らしくなってきたんですけど、思い切って50cmのシルバーアロワナと45cmのブラックアロワナのいる120cm水槽に移してみることにしました。1時間ぐらい様子を見ていたんですけど、とりあえず噛み付き合いの喧嘩はないものの、入れてからずーっと、シルバーが紅尾金龍の後をついて回っているんです。きっとこの水槽のボスはシルバーで、新入りが気に入らないんでしょう。それだけならいいんですけど、なんとなく大きさ的に、シルバーが、がぶっと噛み付いたら一貫の終わりという感じがして、心配で元に戻しました。あとの2匹は今までだいじに60x45cm水槽で育てていたやや小さめのオスフロです。レッドフィンと、ブロンズレッドフィンなんですけど、この小さめの2匹のオスフロも、体長28cmになったので、そろそろ180cm水槽にデビューさせようと思ったのです。180cm水槽にはすでに30〜40cmの5匹のオスフロが入っています。でもみんな仲良くやっているので、ここに2匹追加しても、必ずうまくいくだろうと予想していました。ところが数時間もすると、2匹ともヒレやうろこがボロボロになってしまったのです。すぐに退散させました。やっぱり新しく入れる魚の方が小さめだと、なかなかうまくいきませんね。

 

7月20日(日) 7匹のダトニオが2日間で300匹の小赤をたいらげてびっくり。
 シャムタイガー5匹と、フォーバータイガー2匹の入った90x60cm水槽があります。この水槽、いっぺんに300匹以上の餌の金魚や小魚を入れると、ろ過が追いつかなくなることがわかっているので、いつも300匹を上限として、200匹とか、250匹とか、1週間に1回生き餌を補充しているんです。以前は1週間で全部なくなることはなかったんですけど、最近ちょっと食べるペースが上がってきて、前の週に入れた金魚も4〜5日で食べつくされたので、2〜3日餌が切れた状態になっていました。そこで、18日(金)にはふんぱつして、上限である300匹の小赤を入れてあげました。そうしたらどうでしょう。2日でなくなっているのです。元気で食欲旺盛なのはうれしいんですけど、2〜3日に1回生き餌を買いに行くのはたいへんだし、お金もすごくかかりそうで、行く末がちょっと心配になってしまいました。しかし、シャムタイガーたち、そろそろ30cmを超えそうで、ますますかわいくなってきているんです。なんのことはないですね、来週から、姉金を買ってくればいいんですね。姉金なら割安ですよね。姉金150匹なら、1週間で食べられないとみました。